性病を治すために病院に通うのはちょっと恥ずかしい・・とお感じのまま一人で悩んでいませんか?そんなアナタにぜひ知ってもらいたい『自宅で治せる性病治療薬の通販サイト』についてご紹介いたします。

性病にジフェンヒドラミンを使う時の副作用による頭痛

女性特有の病気、外陰炎になってしまった場合、なかなか病院へ行きづらい場合があります。しかし放っておくわけにはいきません。早期発見、早期治療が大事になります。

しかし、はっきり外陰炎と分かっている場合は、病院へ行かなくても市販薬で治る場合があります。また、下着をこまめに変えて外陰部を清潔に保つことにより、治療の近道にもなります。
外陰炎はウイルスやカビなどが原因で感染を引き起こすので、原因になっている菌に有効な薬を使わなければならない場合があります。ただ、かゆみをおさえたいのであれば、ジフェンヒドラミンが配合されている軟膏を市販で購入することができます。ジフェンヒドラミンは抗ヒスタミン作用があるので、かゆみをおさえてくれるのが特徴です。
ただし外陰炎は、性病であるヘルペスやクラジミアなどが原因である場合、根本の原因を解決しなければ、いくらジフェンヒドラミンが配合されている軟膏を塗っても解決することはありません。早めに病院へ行って検査することをお勧めします。

ジフェンヒドラミンは、皮膚のかゆみのもととなるヒスタミンをおさえ、かゆみをおさえてくれますが、くしゃみ、鼻水などのアレルギー症状をおさえてくれる薬でもあります。風邪薬や、鼻炎薬などに含まれており、一時的に眠気をもたらします。服用後には車の運転は避け、お酒も前後に飲むことは避けなければいけません。
また眠気を誘うことから、睡眠改善薬といしても使用されています。睡眠導入剤、抗うつ剤などにも使用され、やはり運転などは避けなければなりません。服用の副作用はめまいや頭痛がおきる場合があります。口の渇きや下痢、意識がぼんやりしたりすることもあるので、そのような場合は医師の指示に従いましょう。